全否定すべきなのか

2017.11.21 Tuesday

0
    こんにちは!豊島行政書士事務所、今日も元気に営業中!

    るろうに剣心の作者が児童ポルノ禁止法の違反で逮捕されたとのこと。

    るろうに剣心が連載されてた頃のジャンプを毎週読んでたので私も思い入れがある作品です。

    児童ポルノの動画の所持なので、子供の人権を考えれば褒められたものではありません。

    しかし、多くの人を魅了する作品を生み出すには凡人には計り知れない才能があり、

    その反面で常識からは外れる嗜好があることもあるでしょう。

    特に作者の弁護をする訳では全くありませんが、世の中色んな人がいますし、

    素晴らしい作品も生み出せば、良からぬこともしてしまうのも人間なのでしょう。

    ただ、児童ポルノの所持は多くの人は受け入れることは出来ないでしょうし、

    嫌悪感を抱く人もたくさんいるでしょう。


    さて、作者の逮捕により、るろうに剣心の評価はどうでしょう。

    児童ポルノを所持する人間の作品は下らなくて、つまらないものでしょうか。

    そんな訳なくて、作者の振る舞いと作品の質は切り離して考えなくてはいけないと思います。

    るろうに剣心を読んだことある人は分かっているはずです。

    この報道で思う事は、最近は不倫をするとその人が何をしてきたか、なんて全く考慮されず、

    とにかく絶対悪として人格否定されてしまいます。

    でも、るろうに剣心を例にして考えてみると、

    その人がプライベートでしてしまった行いと、

    その人の仕事は切り分けて考えられて然るべきと思います。

    そろそろ不倫の報道で盛り上がるのはやめませんか?

    ベッキーさん。

    そろそろ胸を張って戻ってきたら良いですよ。