小林氏と八木氏

2016.12.08 Thursday

0
    こんにちは!豊島行政書士事務所、今日も元気に営業中!


    雑誌SAPIOの企画で小林よしのり氏と八木秀次氏の対談があったようです。

    議題は天皇陛下の生前退位とのこと。

    小林氏は生前退位を皇室典範の改正で行うことを主張し、

    八木氏は生前退位自体を認めるべきではないとの主張です。

    どちらも保守ですが、意見が真逆です。
    (保守とは形骸化されたいわゆる親米保守ではなく、広い意味でリベラルとは逆の意味においての保守くらいの意味合いです。)

    何故に真逆になるのだろう、と疑問に思ってましたが、

    何となくですが、私の視点からではありますが、理由の一端が何となく理解できた気がしました。

    私は人間を性悪説で理解しています。

    小林氏は人間は仮にロクでもないものとしても、天皇陛下を中心により良い社会を築いて来たし、今後もそうである、というヒューマニズムがあり、

    八木氏は人間はロクでもないので、現時点において生存する人間は天皇であっても信ずる訳にはいかない。信じるべきは過去の実績のみであり、日本にはその実績がある、

    と考えているのではないでしょうか。

    小林氏はもしかすると、性悪説ではなく、もっと人間を信じているのかもしれません。

    八木氏はあくまでドライですね。

    まあ、性悪説ってのは私がそうなので、そこを出発点にしてみただけですが。

    私は、人間はもちろん、国家も社会も生き物だと思ってますので、

    結局、性悪説であっても、現在において生きる人間の可能性を信じるしかないのかな、なんて思ってます。

    それに、今の人間を信じられないで、将来は信じられないと思っています。

    随分と前向きな性悪説になってしまいました。